草刈機

Uncategorized

おはようございます。クワロです。

〝草刈機〟田舎だと一家に一台あります。わが家は3台。お高いメーカーからお安いメーカーの物まで。

どのメーカーの草刈機でも、2・3年でエンジンのかかりが悪くなったり、エンジンが動かなくなる事があります。

〝燃料を入れたまま長期間保管〟は、トラブルの原因になります。使わない時は燃料を抜きましょう。

「動かなくなったから粗大ゴミで捨てた」って人いました。もったいないですね。

ほとんどの原因はキャブレター内部の汚れ。クリーナーで隅々までキレイにすれば直ります。

それでも直らない〟って時、あります。

つぎに考えられるのは〝ダイヤフラム

ダイヤフラムは消耗品です。キャブレターのダイヤフラムはエンジンの燃料供給を制御するための重要な部品であり、時間とともに摩耗や劣化が生じる場合があります。定期的な点検と交換が必要な場合があります。

この部分の交換を農機具屋さんに頼むと3,000円ほどかかります。ホームセンターだとダイヤフラムだけで900円ほど。

amazonだとダイヤフラム.ポンプダイヤフラムとガスケットのセットで450円です。

Bitly

お安いのでまとめ買いしました。

セットでこのお値段。ダイヤフラム交換のついでに他の部品も全部交換できます。

三菱製30cc溝切り機・三菱製27cc草刈機機・丸山製23cc草刈機・丸山製20cc草刈機 ・丸山製背負動力散布機 全てこのダイヤフラムセットで交換出来ました。

国内メーカーのチェーンソーにも使えそうです。

「きれいに掃除したしダイヤフラムも変えたけどかからない…」って事、ありました。

中古で買って5年使用した農機具。いざと言う時にかからなくで困りました。原因は、スパークプラグ。

汚れてました。

スパークプラグは消耗品です。スパークプラグはエンジンの燃焼室で火花を生成し、燃料を点火する役割を果たします。しかし、燃焼プロセス中に高温や化学的な反応にさらされるため、時間とともに摩耗して性能が低下します。適切なタイミングでスパークプラグを交換することをお勧めします。

近くのコメリで購入。税込428円 (2023年7月現在)

※色々なサイズあるので注意が必要です。

交換後〝一発始動!〟エンジンの調子も良いです。

草刈機↓

Bitly

コメント

タイトルとURLをコピーしました