〝Wi-Fi環境が無い場合は?〟

Uncategorized

インターネットが使えなくWi-Fi環境が無い場所の設置。

職場に設置した時がこのパターンでした。POE供給カメラ(有線接続)を選択↓

【 500万画素 POE 防犯カメラ】CAMCAMP 500万画素タイプ防犯カメラ 屋外3TBHDD内蔵 8台増設可 POE給電カメラ 8ch IP66防水防塵 動体検知録画 赤外線 暗視距離30メートル メールアラート 最大6TB対応(5MP 監視カメラ 4台+8チャンネル録画機+ 3TB HDD)日本語取扱説明書付き PSE認証取得
人気の防犯カメラ屋外ランキング防犯カメラ防犯カメラセットモニター付き防犯カメラワイヤレス防犯カメラ屋外防犯カメラワイヤレス屋外500万画素屋外センサーカメラ防犯・監視カメラ防犯カメラセット防犯カメラワイヤレス4台✔️スーパーセール!無料の3TBハードドライブもらえる!プライムデーよりも安い!!!【簡単設定POEシステム...

〝POE供給カメラ〟

POE(Power over Ethernet)供給カメラは、データと電力を同時に1本のケーブル(LANケーブル)で供給するカメラです。

通常の防犯カメラは、別途電源ケーブルが必要で、それを接続する必要がありますが、POE供給カメラは、1本のケーブルのみで動作します。これにより、電源ケーブルの配線が不要となり、コンセントの近くにカメラを設置する必要が無くなります。

POE(Power over Ethernet)供給カメラのメリットとデメリットを説明します。

メリット:

  1. 1本のケーブルで電力とデータを同時に供給できるため、配線が簡単で、設置が容易です。
  2. 電源ケーブルを引く必要がないため、壁や天井などにカメラを設置する際の柔軟性が高まります。
  3. 電力供給が安定しているため、カメラの動作が一貫して信頼性が高くなります。(ケーブルで繋がっているので画像が途切れたりしない。Wi-Fiタイプの場合、ルーターや親機と離れ過ぎると画像が途切れたりする。)

デメリット:

  1. POE供給カメラは、PoE対応のネットワークスイッチまたはPoEインジェクター(録画用レコーダー)が必要です。これらの装置が必要なため、初期投資が他のカメラに比べて高くなる場合があります。
  2. ケーブルの長さには制限があります。一般的には100メートル以内の距離でしか使用できません。
  3. ケーブルを室内に引き込む穴が必要。(頑張れば自分でできます)

これらは一般的なメリットとデメリットですが、具体的な使用環境やニーズによっても異なる場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました